ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

【韓国語】じつはカンタン! ハングル の読み方がすべてわかる 知恵ノート 【覚え方】~韓国語マスターへの道その1~

ライターさん(最終更新日時:2014/3/8)投稿日:

  • ナイス!:

    735

  • 閲覧数:777873

印刷用のページを表示する

 Untitled.jpgハングルは覚えることが少なく、だれでもカンタンに読むことが出来るように

作られた文字です。ローマ字がわかる人なら下記の説明で分かると思います。

ハングルは母音のパーツと子音のパーツを組み合わせて出来ています。

下記の母音①子音①の合わせて16個のパーツを覚えればあとはその応用です。
英語のアルファベットは大文字だけで27文字、ひらがなは46文字。
漢字なんて小学校で習うものだけで約1000字!
くらべるとすごく少ないですよね^^

 

!注意! 『反切表』  は覚える必要はありません

「ハングル一覧表」や「韓国語の50音」と呼ばれたりもする 『反切表』 というものがありますが

ハングルのパーツの組み合わせのほんの一部です。それでいて140文字もあります。

反切表を覚えてもすべてのハングルを読めるようにはなりません。反切表を覚えずに、

パーツを覚える方が近道ですし、すべてのハングルが簡単に読めるようになります。

 

音声が聞きたい方へ

こちらのサイトにハングルをコピー&ペーストして

スピーカーマークを押すと音声が流れます。

http://translate.google.co.jp/#ko/ja/한글

*音声が出ない場合は言語の中から「韓国語」を選択してから実行してみてください。

*子音のパーツだけだと子音の名前が出てきてしまうので

必ず母音がついたものを入力してください。

 

<母音① 単母音>

最初に覚える母音は6個だけでOK。

形が似ているものは発音するときの口の形も似ています。
下のハングルの O は子音が置かれる部分です。O は子音がない事を表します。

ここで覚えるのはO 以外の部分です。

 

         (a) 어 (eo) 오 (o) 우 (u) 으 (eu)  이 (i)

   aeooueui.jpg  ㅏ  (a) は口を大きめに開けて「ア」
  ㅓ (eo)は口を大きめに開けて「オ」
  ㅗ (o)は口を小さくすぼめて「オ」
  ㅜ (u)は口を小さくすぼめて「ウ」
  ㅡ (eu)は口角を横に引いて「ウ」
  ㅣ  (i) は口角を横に引いて「イ」

 

*上記のローマ字表記は文化観光部2000年式というものです。

  韓国のローマ字表記にはいくつか種類があり、この通りに書かないこともあります。

 

 

 <母音② yがつく音>
短い棒が増えると(y)が付いた音、日本語で言うヤ行の音になります。
口の形は変わりません。ㅣとㅡに(y)は付きません。

ㅏ→ ㅑ (ya) ㅓ→ ㅕ (yeo) ㅗ→ ㅛ (yo) ㅜ→ ㅠ (yu)

<母音③ 合成母音>
単母音が組み合わさって合成母音というものが作られます。
合成母音は最初は無理に覚えようとしなくていいです。
何が組み合わさってるか分かればどんな発音かもその違いもおおよそ分かります。

오 (オ) +아 (ア) = 와 (ワ)  우 (ウ) +어 (オ) = 워 (ウォ)
아 (ア) +이 (イ) = 애 (エ)  어 (オ) +이 (イ) = 에 (エ) 



オーアー、オア、オァ、ワとだんだん早くして言ってみると
どうしてそうなるのかがニュアンスとして分かります。
2つの(エ)はもともとは違う音(에は小さめ、애は大きめに口をあけてエ)でしたが

現在は韓国人でも区別していないことが多いので

同じように日本語の「エ」でOKです

日本語の「うまい」を「うめぇ」、「すごい」を「すげぇ」というのとよく似ていますね。


その他の合成母音は 



얘 (イェ) 예 (イェ) 왜 (オェ) 웨 (ウェ)
외 (オェ) 위 (ウィ) 의 (口角を横に引いてウィ) 



先ほどの組み合わせ方を参考にして、文字をよーく見ると

何が組み合わさっているか、わかりますよね? 
2つの「イェ」は同じ発音でもOK。「オェ」と「ウェ」もそれほど音に差はなく両方「ウェ」でもOKです。
kなどの子音が付くと「イェ」→「キェ」、「ウェ」→「クェ」となるのが正式ですが、

「キェ」→「ケ」、「クェ」→「ケ」と簡略化して発音されることが多いです。
2つの「ウィ」も簡略化され「クィ」が「キ」と発音されたりします。
つまり合成母音の発音は それほど気にしなくてOK! ということです。


<子音① 平音>

覚える子音は10個だけでOK。(r)は英語のrではなく、日本語のラ行と同じ子音です!

 (k または g)  (t または d)
  (p または b)   (ch または j )
 (s)  (n)  (m)  (r)  (子音なし)   (h)

母音ㅏ(a) を付けてみましょう。
子音は先程の O の位置に置きます。これはどの子音でも変わりません。

가 (カ、ガ)  다 (タ、ダ)   바 (パ、バ)   자 (チャ、ヂャ) 
사 (サ)   나 (ナ)   마 (マ)   라 (ラ)   아 (ア)   하 (ハ) 

 

<気を付けるべき発音>

디 は チやヂではなく (ティ、ディ)、

두 と 드 もツやヅではなく、두 は우と同じように口をすぼめて (トゥ、ドゥ)

드 は으と同じようには口角を横に引いて (トゥ、ドゥ) です。

시 は スィではなく、日本語と同じ (シ) です。


(kまたはg)などと書かれていますが韓国語では濁る、濁らない(kとg)の区別は しません。
そのかわり、息が強い、弱いで区別をします。
上記の子音は息が弱い音で「平音」と呼ばれます。
日本人がkで発音すると息が強い後述の「激音」と間違われる可能性があります。
濁音は息が強くなる心配はあまりないので濁音で発音すればOKです。
韓国のローマ字では単純に平音はg、d、b、j 、激音はk、t、p、chで表されることが多いです。日本のローマ字と韓国のローマ字は違うものと考えてください。

 

詳しく知りたい方はこちらをクリック→ 「なぜkがgに変化するのか?濁音化の考え方」


<子音② 激音 > 

激音は文字としてはそれほど多く登場するものではありません。
形が平音と似ているので、平音をしっかり覚えてそれをヒントにすれば、
見ただけでわかります。
 
ㄱ→ ㅋ (k) ㄷ→ ㅌ (t) ㅈ→ ㅊ (ch)  ㅂ → ㅍ (p) 


母音ㅏを付けて 카 (カ) 타 (タ) 차 (チャ) 파 (パ)


ㅋㅌㅊは平音に一画足されています。「か→が」のように濁点を付けるのと似てますね。
ㅂとㅍは同じ4画ですが90度回転させた感じと考えればいいです。
激音はいろいろな説明の仕方がありますが
카なら「k」の後にすぐ「ハ」と言う感じ。
カタカナで書くと小さい「ク」の後に「ハ」と言って
クとハの間をだんだん小さくして「カ」に聞こえるようにする。

こうすると息が強い「カ」が出来上がります。
ローマ字でもkhaと表すことがありますがあまり一般的ではありません。
この方が違いがわかりやすいんですけどね。

 

詳しく知りたい方はこちら→「韓国語には『か』と『が』の区別がない!激音と平音の発音」 


 

<子音③ 濃音>
韓国語にはもうひとつ特徴的な発音があります。息がまったく出ない音で「濃音」と言います。激音と同じく文字としてはそれほど多く頻繁に登場するものではありません。
形は平音が2つ並んだものなので覚える必要はありません。見ただけでわかります。

 

ㄱ→ ㄲ (kk) ㄷ→ ㄸ (tt) ㅂ→ ㅃ (pp) ㅅ→ ㅆ (ss) ㅈ→ ㅉ (tch)


母音ㅏを付けて 까  (ッカ)  따  (ッタ)  빠  (ッパ)  싸  (ッサ)  짜  (ッチャ)



濃音はのどに力を入れて息を止めて発音します。

前に小さい「ッ」を入れればいいという人もいますが、

それで発音できていない人もいますので、のどに力を入れることが大切です。
ちゃんと発音できていればティッシュ1枚を口の前に垂らして発音すると、
平音はすこしだけ揺れ、激音は大きくなびき、濃音はまったく動きません。

 

<子音④ パッチム 받침>
안 のㄴや 박 のㄱのように子音が下に付く場合があります。

このような子音をパッチムと呼びます。弱く短く発音します。

↓に「k系」などと書いてありますが、たとえばk の平音、激音、濃音などは

パッチムで発音する場合はどれも同じ発音になります。

パッチムは短い音なので本来の文字通りの発音の区別がなくなってしまうんです。

 
k 系→ 英語のbackなどの語尾の「k」に似た発音ですが、ほとんど音は出ません。

「一回(いっかい)」 と言うつもりで 「っ」で止めるとちょうどその音になります。
舌の根元を上あごにくっつけて息を止めるようにします。
p 系→ 英語のkeepなどの語尾の「p」に似た発音ですが、ほとんど音は出ません。

「一品(いっぴん)」と言うつもりで「っ」で止めるとちょうどその音になります。
上唇と下唇をくっつけて息を止めるようにします。

s、ch、t 系→ 英語のcatなどの語尾の「t」に似た発音ですが、ほとんど音は出ません。

「一旦(いったん)」と言うつもりで「っ」で止めるとちょうどその音になります。
舌先を上の前歯の裏にくっつけて息を止めるようにします。

 

→ 英語の「L」のような発音に変わります。舌先を上あごに軽くつけたまま、声を出します。少し舌を奥に丸めるとより韓国人の発音に近い、きれいな音になります。
m → 英語のjamなどの語尾の「m」のように、上唇と下唇をくっつけて発音します。
「安否(あんぴ)」と言うつもりで「ん」で止めるとちょうどその音になります。
n → 英語のsunなどの語尾の「n」のように 舌先を上の前歯の裏にくっつけて発音します。
「あんた」と言うつもりで「ん」で止めるとちょうどその音になります。
ㅇ (子音なし) → 英語のsongなどの語尾の「ng」の発音に変わります。

舌の根元を上あごに くっつけて発音します。
「暗記(あんき)」と言うつもりで「ん」で止めるとちょうどその音になります。
 

関連知恵ノート: 「日本語の ”ん” には10種類以上ある」

 

 

読んでみましょう。有名な韓国語です。

1.안녕하세요 2.김치 3.갈비 

↓答え(白文字で書いてあるので、選択すると見れます。)
1.an nyeong ha se yo(アンニョンハセヨ)  2.gim chi (キムチ/ギムチ)  3.gal bi (カルビ/ガルビ)

     この知恵ノートが役に立った!という人は

↓の「ナイス!」をクリックして教えてくれると嬉しいです


         
                             次のステップへすすみたい方は⇒ こちら

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:2-3

atlas1112001さん

ピックアップ

知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
iPhoneで撮ったビデオ/写真をパ...
はじめにiTunesを用いてPC内の写真や動画をiPhoneに入れる方...
本文はここまでです このページの先頭へ