ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

男性から見て魅力ある女性になるために

ライターさん(最終更新日時:2013/8/4)投稿日:

  • ナイス!:

    100

  • 閲覧数:491316

印刷用のページを表示する

 こんな人いませんか?

「あの子カワイイからゼッタイ男の子にモテるよね」と女性同士で噂されていた女の子が男性からはイマイチ興味を持たれていないという、そういう女の子を見た事はありませんか?

女性の目と男性の目に映る女性の魅力は、必ずしも同じではありません。男性が惹かれる女性は男性の本能に訴えるお色気を持っています。それだけが魅力の全てとは言いませんが、強い武器であるのは確かです。「自分にはその自信がない」と思ってる人も諦めることはありません。

参考記事

男女共通のモテ要素「色気」ってどうすれば身につくの!?

嶽本野ばらが語る「色気の正体」

下のような記事もありました。

仮タイトル:性的魅力の強さの下線部をクリックしてリンク先を読んでみれば色気がいかに強い要素であるか納得して頂けると思います。時に色気は若さよりも強いという事も納得頂けると思います。

ただ、この色気を文章で言い表すのは困難で一概に「整った顔立ちが色っぽい」とも限りません。その証拠に、よくセクシー美人という言葉が使われますが、これは一方でセクシーでない美人がいるということで、区別するためにこういった言葉が使われるのです。この事からも「美人=セクシー」とは限らないことが分かります。


絵画や彫刻などの芸術作品だって必ずしもバランスよく整った作品が傑作として魅力を持つかと言われれば、そうでない作品も数多くあるではありませんか。

この魅力があるか否かは最終的には男の本能が感じる事みたいな気がしています。過去の知恵袋にはよく「色気のある・セクシーな女性は誰ですか?」といった質問・回答も出ています。検索して調べてみるのもいいでしょう。ただ色気は男性によっても好みが違っています。


そんな中で大多数の男性が魅力を感じる女性とは?

私が勧めたいことは男性が好んで見るドラマ・映画(SF・特撮モノ・*ホラー・Vシネマなど)や少年マンガ、男性雑誌などに出てくる女性キャラを観察してみることです。そうすればいわゆる男好きのする女性がどんなタイプなのか分かります。顔だけでなく、そういったドラマやマンガで見る彼女らの言動は男性の求めている理想の女性に近いのです。その女性たちの存在は作品受け向上のに大きな役割を果たすので、結果として、その手の女優が起用されるのです。(上記の*ホラーについては、ゾンビ等に襲われる役の女性や、逆に戦うヒロインもそのタイプです。DVDを見る機会があれば観察してみて下さい)
 

マンガでいうなら峰不ニ子や、こち亀の麗子、そして(子供向けには)しずかちゃんであったりします。これらの中には現実にはあり得ないキャラもいますが、巧みに男性の心を捉える妖艶なエキスで味付けされています。男性マンガ家が「萌える女性」を研究して、プロの画力で造り出したキャラなのです。まるっきり彼女らになりきるのは無理でも、少しでも言動や身なりを身に着けることでそれに近い魅力を得ることも出来ましょう。回りを見渡せば(有名・無名を問わず)この手の女性はいるものです。 


 頑張って魅力を得た女性の例を出します

AKB48の指原莉乃を3年ほど前に見た時は、はっきり言って魅力的には程遠い顔立ちに見えました(←あくまで私の主観です)、しかし最近は見違えるほど男好きのする容姿と振る舞いを見せるようになり、特に目の印象が変わりました。 彼女も男受けの良い女の子になるために人一倍研究をしたのだと思います。メイクやエステ、ダイエットにも励んだのでしょう。結果としてAKBの総選挙では昨年には第4位を勝ち取りました。はっきりと結果を出したのです。元は美人でないのに、その後の努力でイイ女になった例としては特筆モノです。 

彼女の例といい、少年マンガのヒロインといい、更にはニューハーフの岡江美希さん(←ここをクリック)といい「造られた顔の芸術性が本物の女性美を凌ぐ」という点は驚嘆に値します。

人造イクラだって天然モノを抑えて普及していますが、女性の魅力は造りモノでも努力次第で生まれつきの美人に勝つ余地があるのです。


関連動画:岡江美希、美人性転換女性
関連サイト:指原莉乃、“詐欺級”メイクでピュアフェイス美人に変身
サッシーの内面・外面については賛否両論あるとは思いますが、ここでは彼女が性格美人かどうかに関しては触れないことにします。

 今度は色気のない女性を挙げます

一方で少女向け・レディース向け・主婦向けのコミックスで描かれる女性、または昼ドラに登場する女性の多くは上に書いたタイプではありません。確かに整った顔立ち、好感の持てる性格ではあっても、それでも男性を惹きつけるセクシーさが感じられません。この物足りなさを例えて言うなら「ワサビ抜きの回転寿司」「ノンカフェインのコーヒー」または「炭酸の抜けたコカコーラ」みたいなもので、どれも「萌えないモノ」ばかりです。こういった女性は全て同性の目線で作られたキャラです。それも私の主観的な好みと言われたらそれまでですが、しかし、もし女性マンガのキャラが本当に男性の心を捉えるイイ女であるなら、登場女性の数が多い女性マンガにはファンになる男性読者もいっぱい出来るはずではないですか?実際にはキャラ目当てに女性マンガを読む男性なんて殆どいませんね。(そういう意図で描かれたキャラではないので当然のことだとは思いますが) 

少女マンガのキャラでも、アニメになって男の子もテレビで見ていたサリーちゃんとアッコちゃんは男女共に好かれてる稀有な例です。リメイクがアニメや映画で作られ、CMにも登場したりと今も人気です。しかしながら注目すべき点はその2作とてキャラを描いた原作者が「お色気の分かる男性マンガ家だった」という事実です。では女流マンガ家の描いたキャラで男性にも魅力の女の子は?私には思いつきません。


ついでに私は女性向きの外国ドラマである「セックス・アンド・ザ・シティー」や「デスパレートな妻たち」もDVDで見ました。(目的は英会話の勉強のためです)共に4人の主演女性が出て多くの男性と恋に落ちる筋にはなってますが、私にとっては、4人(都合8人)のうち誰一人として色気を感じられる女性はいませんでした。やはり女性視聴者向きのキャスティングだなと感じた次第です。

とは言っても、女性向き・男性向きドラマによって全ての女優のタイプが白黒に分かれているというのは言い過ぎで、実際には当てはまらない例もあります。例えば、デスパレートな妻たちに出演のテリー・ハッチャーは男性向けのドラマ「スーパーマン」にマドンナ役として出たこともありましたし、男性向け作品に出る女優だって男性によって好みは分かれます。このノートで述べる事は、あくまで「傾向」と思ってください。

 

男性向けマンガ・映画の登場女性のような、手本になるキャラたちが女性視聴者・読者の見ない所にいるのは皮肉な事です。B級映画・B級作品ということで女性から敬遠されるのでしょう。

 

有名女性ばかりとは限らず、身近な人気女性にもこういったタイプの人はいます。男性から実際に注目されてる女性をよく観察して、見習う所は見習い魅力的な女性になる努力をしましょう。独身女性だけでなく、セックスレスに悩む既婚女性もレス解消につながるかも知れませんし、男性好みの女性になる事は男性達も望んでいることですよ。

長文になりましたが、言いたい事は下の2点です。
① 女性の魅力については、女同士で語るのではなく、男の意見を聞くこと。
② この魅力は先天的な要素だけで決まるのではなく、努力と工夫で変えることができる。

既に読まれたかも知れませんが、下のような記事がヤフーで紹介されてました。タイトルをクリックすれば記事のページに行けます。

1)男性がキライな女性の服装
2)男ウケの悪い女の髪型
3)秋ドラマの主演女優も夢中!「美人になれる」入浴法4つ
4)老けない女の美容ドリンク&サプリメント


R25やネタりか等のサイトは、女性のための記事が充実していると思います。

 最後に

この知恵ノートでは女性の外面を中心に話しましたが、内面を磨くことも大切であるのは言うまでもありません。かくいう私も主婦向けコミック等で描かれるキャラの「家庭的な女性の持つ癒し・安らぎ」の部分には魅力を感じてもいます。

よかったら下のナイスをクリックお願いします。 


他に英会話関連の知恵ノートも出してます。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:4-2

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ