ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

温泉めぐり・・・「南信州物味湯産手形」 湯巡りレポート

ライターさん(最終更新日時:2014/8/8)投稿日:

  • ナイス!:

    3

  • 閲覧数:6328

印刷用のページを表示する

「南信州物味湯産手形」湯巡りレポート

●はじめに
「南信州物味湯産手形」というものが発行されています。

http://www.monomiyusan.jp/

この手形を1050円で買うと、長野県南部にある日帰り温泉施設10ケ所を利用できて、土産物屋や飲食店でも特典があるというものです。有効期限1年で毎年新バージョンに更新されています。私が持っているのは2011年版で、2冊目を使用中です。
このレポートは、手形を使って入湯した温泉施設の感想です。あくまでも個人的な印象ですが、この地域の温泉を利用される方のご参考になれば幸いです。

なお手形で入浴できる施設や入浴可能日・時間は変更されることがありますので、HPや電話で確認してください。


・昼神・・日長庵 桂月
http://keigetu.co.jp/
昼神温泉の高級宿。日帰り入浴は手形でのみ可能。
泉質は昼神で最高と思います。掛け流しではなく循環併用していますが、加温のための循環と思われ、消毒臭なし、硫黄臭あります。ヌルヌル感は感じません。内湯の投入口の源泉を飲んでみると仄かな硫黄臭で優しい感触です。浴槽は高野槙を使った木造でいい感じの檜の香りがします。大変気に入ったので2回行きました。3冊目の手形を買ったらまた行くと思います。・・・3回目行きました。いつも良い状態の泉質を維持しています。


・昼神・・グランドホテル天心
http://www.hirugami-tenshin.co.jp/
昼神温泉の高級宿。日帰り入浴は手形でのみ可能。
内湯だけしかないが、最上階の大浴場なので眺望は抜群。夜しか入浴しない宿泊客よりも昼間入浴する日帰り客に受けそうな環境。ここは浴槽の横から相当な量の源泉を投入しているので循環ながら鮮度は良好です。少し消毒臭がするが、洗い場のソープの匂いの方が強いくらい。少しのヌルヌル感であり無色透明、美人の湯。なかなか上品な感触です。女性に人気と言われるのも納得です。


・昼神・・ひるがみの森
http://hirumori.com/
大規模な温泉レジャー施設で、日帰り温泉とプール、宿泊施設もある。普通に入ると1000円。
ネット上で消毒臭いとの情報もあるが、その日の状態によるのか、私が行ったときは泉質は結構良好。内湯は少し硫黄臭あり、ヌルヌル感ありでサッパリした湯上り感。露天はやや消毒臭ありでヌルヌル感少ない。湯上り後に肌にちょっと硫黄臭が残るのが心地よい。
再訪・・・2回目の入浴は消毒臭がして硫黄臭は弱く、残念でした。お湯が循環しすぎて疲れた感触でした。ヌルヌル感はあり。


・昼神・・尾張あさひ苑
http://www.owariasahien.jp/
内湯が2つあるだけのシンプルな施設。小さい浴槽は42度くらいの熱湯、大きい方は39度くらいのヌルい湯。大きい方は、ジャグジーで循環しており、少し消毒臭あり、ヌルが少し、かなり疲れたお湯。小さい方は、消毒臭なく、もっと新鮮な湯。ここは飲泉可でコップが置いてあるので飲んでみた、源泉は消毒臭ないが、硫黄臭も少ない。昼神では平均的なところ。


・昼神・・清風苑
http://www.seifuen-yura.jp/
泉質はやはり昼神の湯で仄かな硫黄臭あり、消毒臭なし。ヌルヌル感は感じられず。内湯にチョロチョロと源泉が投入されており飲泉可能になっているが、新湯投入量は少なく、0.5L/分くらいではないかと。ほぼ完全に循環のお湯と思われるが消毒臭がしないのが不思議。露天は狭くて浅い造りになっており、44度と熱くしている。視界も開けていない。源泉をかなり絞って使用している、泉質マニアにはいまひとつ。建物は艶やかな基調でまとめられている。女性が好みそうな施設です。


・昼神・・光風
http://www.otogitei.com/
日帰り不歓迎の宿のようで不快な取り扱いを受けました。詳細は割愛しますが、もう行くことはないと思う。
受付から浴室まで照明は消されている。脱衣場、浴室とも照明なし。
従業員が何やら作業しているが、「いらっしゃいませ」とあいさつする人はいない。
浴槽は内湯・露天風呂。お湯の投入口は止められてなにも出ていない。
温度はぬるく、露天はやっと入れる程度。泉質は他の施設と大違いで、ヌルヌル感全くなし、硫黄臭なし。温泉とは思えない。

**2014時点では手形入浴不可になっている模様


・飯田・・伊那谷水晶山温泉
http://kabuchanmura.jp/onsen/
南信州ケフィアランドというテーマパークがあり、ここの付属施設として伊那谷水晶山温泉があります。鯉が泳ぐ庭園を配し、渡り廊下を多用した高級な造り。
泉質はアルカリ性単純温泉。岩石臭が少し、ごく僅かな硫黄臭、消毒臭は弱めで、印象としては薄い温泉。ツルツル感も少しある。浴槽は大きな岩をデンと置いた内湯、池と隣接した露天風呂の二つ。露天はややぬるめ。


・飯田・・遠山郷温泉かぐらの湯
http://tohyamago.com/kankou/kagura/index.html
飯田市ではありますが山奥の温泉です。行くのは大変ですが行く価値のある温泉です。入口前にかぐらのモニュメントがあり、飲泉可能。塩化物泉で塩味、海水より薄く、吸い物より濃いぐらい。

硫黄味もあり、飲泉場の泉質は新鮮で良好。入館して中を見渡すとメンテの行き届いた感じ、空間も広い、スタッフの対応も良い。
風呂は内湯に大浴場、ゆるめの浴槽、打たせ湯、サウナがあり、露天も広く滝もある。泉質は塩味はするが飲泉場ほどの硫黄臭はなく、循環していて鮮度が落ちた感じ。消毒しているはずだが消毒臭は感じない。飲泉場のお湯で源泉風呂を作ってほしいところ。施設全体が広々としてゆっくりできます。


・月川・・野熊の庄 月川
http://gessen.jp/
昼神温泉から5kmほど離れたヘブンスそのはらスキー場の近くにポツンとある宿泊施設。花桃の季節になるとあたり一面が花桃になるらしい。お湯は冷鉱泉で、岩石臭が少しするが温泉らしい感触は希薄。露天風呂には保温のためか表面全てにバスマットのようなものを浮かべている。客が自分で退けて入浴するスタイルらしい。露天の湯温は低く温泉の感触もしない。


・南木曽・・木曽路館
http://www.kisojiresort.com/
1階がそば道場+土産物で、2階が温泉と食事処、階段をずっと上がった4階が展望休憩所。温泉は内湯+露天2+サウナと水風呂。無色透明で僅かに硫黄臭がする、少しヌルヌルあり。源泉投入口に手を入れるとさらにヌルヌルするが昼神ほどではない。おとなしい温泉。露天の眺望は良く、木曽の山が見える。服着た後も汗が止まらない、見かけによらず温まるお湯のようです。


・南木曽・・床浪荘
http://tokonamiso.com/
内湯(冷鉱泉加熱)+露天(白湯)+露天(水)。白湯と水はアルプスの伏流水と掲示されている。一番下段が水露天・・冷たくて入れず。上段の露天風呂(白湯)は温泉ではない不思議な匂い、木や葉が適当に腐食した森の中のような匂いである。伏流水と表示しているものの、地下水ではなく、森を流れる表流水ではないかと思う。
内湯は冷鉱泉で硫黄の香りが少しするが、ほんの僅かにヌルのあるおとなしいもの。温泉としては薄口だが、癒し空間としてはいいところ。

**2014時点では手形入浴不可になっている模様


・南木曽・・ホテル富貴の森
http://fukinomori.com/
床浪荘のすぐ横にある環境の良いホテル。アルカリ性単純硫黄冷鉱泉なので、僅かにヌルヌル感があるものの、温泉の香りはなく、おとなしい泉質。露天は開放的で木製の湯舟が心地良い。あまり温まるお湯ではないので、高原の涼風に吹かれると体が冷える。夏向き温泉。


・不動温泉・・華菱
http://www4.ocn.ne.jp/~hanabisi/
平谷からR153で昼神温泉方向に約10kmに不動温泉があり、宿は1軒だけ。
泉質は、温泉法第2条適合泉と第2号泉38度と混合の模様。アルカリ性でややヌルヌル感あり、少し硫黄臭、消毒臭はなし。無色透明。内湯と露天風呂があり眺望良好。洞窟風呂が加熱なしの源泉風呂になっている。体温よりやや低く長く入っていると体が冷える。

**2014時点では手形入浴不可になっている模様


・平谷温泉・・ひまわりの湯
http://www.hiraya-himawari.jp/
道の駅にある人気の日帰り温泉。昼神への行き帰りに前を通るが車が少なかったことはない。無色透明のアルカリ性温泉でヌルヌル感がはっきりわかる。消毒臭はほとんどなし。内湯・露天ともに快適。冬の露天はヌルくて湯冷めが早い。夏向き温泉。人気施設なので客数が多い日は駐車場満車。


・うるぎ温泉こまどりの湯
http://www.urugi.jp/db/onsen/post-18.html
泉質はヌルヌル美人の湯の系統。内湯浴槽ではあまりヌルヌル感がなく、少し消毒臭がする。源泉投入口だけがヌルヌル感がある。内湯より露天の方がヌルヌルして消毒臭が少ない。泉質では平谷温泉よりやや劣る。
施設は新しく食堂も妥当な価格でそこそこの食事ができる。

 

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

あなたにおすすめの知恵ノート

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

handel5719さん

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
これが基本! 金魚すくいの金魚...
これが基本!金魚すくいの金魚の飼い方、育て方 ~失敗しない...
本文はここまでです このページの先頭へ