ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

株式会社の設立方法!!!

ライターさん(最終更新日時:2013/2/27)投稿日:

  • ナイス!:

    2

  • 閲覧数:8373

印刷用のページを表示する

株式会社の設立の方法を教えます!!

会社設立には、定款の認証商業登記の申請の2つの手続きに分かれます。

ステップ1  定款の原本の作成

まずは定款の原本を作成します。
定款の内容は、パターンが決まっているのである程度同じような形になってしまいます。
役員一人会社や役員数名の中小企業でしたら、書いておかなければならない項目は、ほとんど同じですのですので、各自の会社にあわせてそれぞれの項目を当てはめながら変更していくと良いでしょう。

定款に必ず書かなければいけない内容

(1)  商号
(2)  目的
(3)  本店所在地
(4)  設立の際に出資される財産
(5)  発起人の氏名又は名称、住所
(6)  発行可能株式総数


 

ステップ2  定款の原本を公証人役場で認証してもらう

定款の原本ができたら、それを公証人役場に持っていき認証してもらいます。
問題箇所があれば、公証人が問題箇所を指摘してくれます。書いてある内容に問題がなければ、その日のうちに認証してもらうことも可能です。
認証の費用ですが、定款に貼る収入印紙が4万円と定款認証手数料が5万円と紙代の数千円が費用がかかります。
電子公証で申請をすると、収入印紙の4万円はいりませんが、電子公証の環境を整えるのに労力と時間がかかりますのでおすすめできません。
次のステップの商業登記の申請で、認証された定款の原本を法務局に提出します。公証人役場で紙への印刷をお願いしておくと良いでしょう。

ステップ3  商業登記の申請

定款の認証が終われば、法務局に登記の申請を行います。
登記に必要な申請書類は、下記となります。

登記申請に必要な書類

(1)  登記申請書
(2)  OCRシート(CD-R)
(3)  定款
(4)  設立時発行株式に関する発起人の同意書(一人会社は不要)
(5)  本店所在地決議書(定款記載時は不要)
(6)  設立時取締役就任承諾書
(7)  設立時代表取締役就任承諾書(一人会社は不要)
(8)  払込みがあったことを証する書面
(9)  資本金の額の計上に関する証明書(現物出資時のみ)
(10)  代表取締役の印鑑届出書



上記以外にも用意しなければならないもの


(1)  発起人、取締役となられる方の印鑑証明書
(2)  発起人、取締役となられる方の実印
(3)  代表者の印鑑(会社代表者印)
(4)  発起人となる方の通帳

などが必要となります。

 

連絡先

http://office-ooshima.com/kaisya/

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

officeooshimaさん男性

京都市中京区で行政書士をしています。 前職はパチンコ店の店...[続きを見る]

その他の知恵ノート(2件)
建設業許可の要件
.離婚をする前にやっておくこと...

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ