ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

職場から支給される通勤定期代で得な定期券や回数券の買い方

ライターさん(最終更新日時:2013/5/23)投稿日:

  • ナイス!:

    7

  • 閲覧数:30745

印刷用のページを表示する

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n3455

このノートをさらに発展させたノートを作りました。


鉄道会社によって切符代に対しての通勤定期代はかなり違います。
例を挙げると
切符に対して定期が安いのはJR(特に6ヶ月)や遠距離限定の東武
切符に対して定期が高いのは東京メトロと都営地下鉄の短距離

JRの50.0km以内の6ヶ月定期は切符72往復分の値段です。
初乗り(最も安い料金)ギリギリ区間の東京メトロ(5.1~6.0km)や都営地下鉄(3.1~4.0km)の6ヶ月定期では何と切符115往復分もします。

特に東京メトロや都営地下鉄は回数券の区間を限定していない上に乗り越しも出来て使い勝手が良く、さらに東京メトロでは10枚分の値段で通常の11枚ではなく14枚のお買い得な土日回数券もあります。
シフト制勤務で土日出勤が多い人にはなおさら回数券がお勧めです。
JRは定期券を買い、地下鉄だけ回数券にすると得なことは多いでしょう。

朝はしんどいのでやらないが、健康&財布のためにメトロには乗らず2km先のJRの駅まで帰りだけ歩く、朝30分早く家を出れば座れるというような人は逆に朝だけ歩く、さらに雨の日は歩きたくないから往復メトロに乗るなんてこともありです。

行きと帰りで楽なルートが違いそうしたければ、定期券の経路どおりに乗る必要のない回数券にしますが、往復乗る連続している同じ鉄道会社の分(往復乗る区間よりこのほうが安くなることが多い)だけ定期券を買うのが良いです。

学生の場合は、バイト先が自宅と学校の最寄駅から外れれば、その区間は通学定期、残りは通勤定期で分けて買うよりも、通しで通勤定期にとめたほうが安くなることがあります。

定期代の刻みも、1kmごとの会社や運賃と同じ会社、距離によって両方ある会社もあります。


また、職場の最寄り駅のちょっと先や自宅の最寄り駅の職場と反対側のちょっと先の駅まで買っても定期代が同じ料金だったりちょっとしか変わらず、時々行くならそこまで買ったほうが得です。
職場の反対側の自宅の隣の駅の安いスーパーに仕事帰りに行くとか、職場のちょっと先の駅が繁華街でしかも他社との乗換駅なら色々利用価値があるでしょう。
俺は浦安に住んで大手町に通勤するロッテファンだけど、野球のシーズンである4月~9月分はしょっちゅう球場に行くから、東西線の終点の西船橋から買うとかw
そんなのもありです。

証拠として定期券のコピーを出せと言われる会社なら、コピーを取った後定期使用開始日か翌日ぐらいに払い戻して買い直ば、どこの鉄道会社でも少額の手数料で済みます。
会社が定期券を現物支給する(これだけICカードが普及した時代に、そんなことやってる所って今でもあるんかな?)だと、ダメかもしれませんが。
週に1日ぐらい反対方向に別の営業所に行く用があるような人なら、自宅の最寄り駅を通過して両方の部署まで行ける定期を買うと得なこともあります。

http://transit.loco.yahoo.co.jp/
ここで自分が利用する路線を色々調べて、自分にとって得になりそうな買い方があるか調べてみよう。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

uup2020さん

このニックネームでの回答は終了します。 他のニックネームで...[続きを見る]

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
本文はここまでです このページの先頭へ