ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

日焼けをした時の対処法!!

ライターさん(最終更新日時:2012/5/4)投稿日:

  • ナイス!:

    10

  • 閲覧数:16902

印刷用のページを表示する




  ・毎日ゆっくりとぬるめの湯船に入いる。

皮膚を柔らかくすることによって、傷んだ古い皮膚が落ちやすくなります。ゴシゴシ強く洗ってもだめですよ。ダメージを与えてはだめです。





・お風呂上りは乾燥しやすいので、たっぷりと保湿をして下さい。日焼けは軽いやけどと同じです。

水分が失われ、とても乾燥してます。保湿をこころがければ、早くターンオーバーがおこなわれ
柔らかく新しい肌に生まれ変わります。紫外線はシミやしわの原因になります。普段から日焼け止めをこまめにぬることをこころがけて下さいね。





・アロエエキスは日焼けの肌を鎮静させる働きがありますよ。

アロエエキスの入った低刺激の化粧水
をたっぷりクッキングペーパーに含ませパックするのも効果的です。





日焼け止めの塗り方↓     


1)2層タイプの場合はよく振る

2)手のひらに1円硬貨大をとって、顔の5ヶ所(両頬、額、鼻、あご)におく

3)顔のすみずみまで丁寧になじませる

4)もう一度、同量をとり、重ねづけする

5)手のひらに10円硬貨大をとって、首の下から上へ向かってなじませる

6)耳とえり足も忘れずに塗る


効果を保つために、2、3時間おきに日焼止めを
つけなおすといいそうですよ。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:2-1

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ