ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

完全無料でスカイプ英会話をする方法(英語、韓国語、スペイン語、フランス語、イタリア語、中国語)Facebook活用!

ライターさん(最終更新日時:2012/5/17)投稿日:

  • ナイス!:

    10

  • 閲覧数:127902

印刷用のページを表示する

英会話にお金を払いたくない


近年、激安オンライン英会話が増えてきました。

給料が少なくて済む外国の先生(フィリピン人など)を雇って、スカイプを使ってレッスンをすることで、激安価格を実現しているのです。

今では、ワンレッスン100円という業者まで出てきた。

価格的には手が届くはずなのに、みんな利用しない。

たぶん、英会話を勉強したいと考えている人の多くは、必要に迫られていないからだと思う。

海外への転勤が決まっている会社員とかであれば、何の迷いもなく、英会話レッスンにお金を払いますからね。

特に、この知恵袋で英会話の勉強を調べている人の多くは、必要に迫られているわけでないだろうし、お金を一銭も払いたくないのだと思う。

そこで、お金を払わないで英語力をアップする方法を紹介することにしました。


注意

  • このレポートにおける私の「おすすめ」は、あくまで個人的な意見に過ぎません。ご自身の性格(または目的)にあった方法で英会話を学ぶのがいいと思います。
 

目次

親日家の外国人の友達を作る

無料ペンパル系サイトを利用する

国際交流系Facebookページを利用する

Facebookで知らない相手に友達リクエストを送ってもいいの?

 

親日家の外国人の友達を作る


私は、基本的に、外国人の友達をつくって、スカイプで会話することで、語学力をアップさせることを提案します。

このレポートで書くのは、外国人の友達を見つける方法です。

外国人ならだれでもいいというわけではありません。

日本語を勉強中の外国人を探すと、お互いの言語を教え合う友好な関係が築けるので、語学力アップにつながりやすいと言えます。

本レポートでは以下の2つの方法をおすすめします。



1. 無料ペンパル系のサイトを利用する。

2. 国際交流系Facebookページを利用する。




無料ペンパル系サイトを利用する


ペンパルとは文通相手ことです。最近では手紙で文通をする人はほとんどいないので、「海外のメル友」という意味で使われることが多いと思います。

要するにペンパル系サイトとは海外メル友募集系サイトのことです。

お互い住んでいる国が異なるので、日本国内の出会い系サイトのような悪質業者はほとんどいませんし、いわゆる「サクラ」に出会うこともないと思います。

言語交換(Language Exchange)を純粋に楽しむまじめな交流サークルと言えるともいます。

特に日本の業者が主催しているペンパル系サイトの場合、外国人の利用者と友好な関係を築けると思います。

(このレポートを書いている私は、男なのでわかりませんが、女性の場合、もしかしたらナンパ目的の外国人に口説かれることもあるかもしれません。その点を考慮して、以下にサイトの紹介文を書くので参考にしてください。)

では、ペンパル募集系の優良サイトを紹介します。


Bugumi

http://bugumi.com/

最近急激に人気が出ているペンパル系サイト。Topページの友達募集掲示板の場合、サーバー内のメーラーが使われているので、メルアド非公開で友達が募集できます。

さらにスカイプIDの登録もできます。

Bugumiが最も優れている点はFacebookとの連携です。

※Bugumiはまだ新しいサイトということもあり、仕様が頻繁に変わるので、使い方については公式サイトをよく確認してください。


Japan-Guide.com

http://www.japan-guide.com/

Japan-Guide.comは、外国人向けの日本観光ガイドサイトです。サイト内のコンテンツの中に「フォーラム」というのがあり、ペンパルを募集することができます。特徴としては、サーバー内のメーラーが使われるので、メールアドレス非公開で最初のメッセージが届けられるという点。

Japan-Guide.comが優れている点は、国名で友達を探せること。

とても古いサイトなので、安心して利用できるというメリットがあります。

Multilingual Network

http://multilingual-network.com/

非英語圏のフランス人、スペイン人、イタリア人、ドイツ人、ブラジル人、韓国人、中国人、ロシア人の友達を募集できます。

有料と無料のサービスがありますが、無料でも十分友達を探せます。ただし、無料版の場合、メールアドレスがオープンになるので、いたずらメールなどが届く可能性もあります。

したがって、Multilingual Networkで友達を募集する前に、Yahooメールなどのフリーメールをつくったほうがいいと思います。



【番外編】

ペンパル募集とは少し異なりますが、外国語で書いた日記をお互いに添削し合うコミュニティーがあります。

日本の会社が運営しているSNSなので安心して利用できると思います。

Lang-8

http://lang-8.com/


ただし、私(男)の場合、日記を書いてみたけれど、誰も添削してくれなかった。

女性の方が添削してもらえる可能性は高いかもしれませんね。

ユニークなSNSなのですが、いざ、外国人が書いた日本語を添削してあげようと思うと、かなりつかれます。正しい日本語を教えるって、かなりの労力が必要です。

その点、スカイプの会話の場合、気軽に友達感覚で教え合うことができるので、私は、外国人の友達とスカイプで会話することをおすすめしています。


国際交流系Facebookページを利用する


「Faceookを使えば外国人の友達ができる」って聞いたことがあるけれど、友達の増やし方がわからないと言う人が多いと思います。

Facebookで友達を探すには、親日家が集まるFacebookページを利用するのが効果的です。

Facebook

https://www.facebook.com/


JapanとかJapaneseというキーワードで検索すると、親日家が集まりそうなサイトがヒットすると思います。

まず、友達募集が可能かをチェックしてください。

Facebookページの管理人の中にはユーザーからの投稿を許可していない場合があります。

ユーザーからの投稿を許可している場合でも、友達募集をすると管理人によって投稿が削除されることがあるので注意してください。Facebookページの雰囲気を読んで、友達募集をしてもよさそうか判断するのがよいでしょう。

一番、簡単なのは、Bugumiのように外国人と日本人の国際交流のために作成されたFacebookページを利用することです。

友達募集 -Japan- "Add me!" : Bugumi

https://www.facebook.com/friends.bugumi


Bugumiの公式ページについては、すでに紹介しました。

ここで紹介するのは、Bugumiが運営しているFacebookページ。

Bugumiは複数のFacebookページを運営していて、中にはユーザー数5万人以上のFacebookページもあるのですが、外国人の友達を募集するならば、Add me!というページを利用するのがいいと思います。

もし、英語以外の言語を勉強したい場合は、韓国語やスペイン語やイタリア語のFacebookページもあります。

BugumiはオリジナルのFacebookアプリとFacebookページを連携させている特殊なサイトです。

Facebookアプリ(Facebook連携掲示板)で友達を募集すると、BugumiのFacebookページに新着情報が表示されます。

新着情報が、Bugumiの管理人の投稿として扱われるので、Facebookページに「いいね!」を押している多くのユーザーのニュースフィードにも表示されることになります。

おそらく、初心者の方は、わたしが書いている内容を理解できないと思いますが、Bugumiのシステムをシステムを使えば、友達募集メッセージがたくさんの人に見てもらえるということです。

Facebookで知らない相手に友達リクエストを送ってもいいの?


※少し固い内容なので、興味のある人だけ参考にしてください。

「Facebookでは現実世界の友達以外に友達リクエストを出してはいけない」と頑固に言い張る人がいます。

でも、この考え方は間違っていると思います。Facebookが主張しているのは、「Facebookは現実世界と同じ」ということです。

要するに、現実世界と同じように、Facebook内で新たな交流が生まれることがあってもいいということです。

現実世界だって、たまたま出席した英会話学習サークルで出会った人と友達になって、電話番号を交換することがあります。

同じように、Facebookページやグループのウォールで交流するうちに仲良くなって、友達になるってことだってあり得ると思います。むしろ、このような使い方こそが、Facebookが求めている世界観だと言えるでしょう。

もちろん、不特定多数の人に友達リクエストを送りまくるのはスパム(迷惑行為)です。

その一方で、Facebookでは、両者の同意のもとで友達リクエストを出すことは認められています。

現実世界での友達同士であれば、友達リクエストを出し合ってもよいという前提でFacebookを利用しているはずなので、当然「同意」は成立しています。(もちろん、リクエストを拒否する権利もあります)


その他にも「同意」が成立する場合があります。例えば、友達募集系のFacebookページやアプリで、友達募集している人に対し、リクエストを送る場合です。

出会い系のFacebookページやアプリが利用規約違反にならないのは、友達リクエストを受けることを同意している人が利用しているという前提だからです。

要するにFacebookで外国人の友達を募集したり、日本人の友達を募集している外国人に友達リクエストを送信しても、利用規約違反ではないということです。

ただし、友達を募集している人が相手だとしても、連続して、友達リクエストを出しまくれば、Facebookは機械的にスパムと判断します。

ですから、本当に友達になってコミュニケーションをとりたいと思える相手だけにリクエストを送ることをおすすめします。

(おわり)スカイプ英会話

 






このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

rearrejjさん

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
本文はここまでです このページの先頭へ