ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

計画停電への備え:不安な方へ

ライターさん(最終更新日時:2012/5/20)投稿日:

  • ナイス!:

    26

  • 閲覧数:8478

印刷用のページを表示する

計画停電が起こるかも…と言う事が発表されて不安に思っている方々!
起こらなければそれに越したことはないのですが去年の経験上心得、備えを簡単に。
起きてしまったときに皆さんのストレスが少しでも解消されればと思います。

起きた時にどうするか?

・冷蔵庫
暑い夏の事、少しでも不安を解消したいのならば、保冷剤を冷凍→停電時間前に冷蔵庫に移動させておくだけでも変わるかもしれません。

・エアコン
窓を開ける、水風呂等で涼をとって熱中症予防に努めてください。
風呂上がりのドライヤーは使えませんので要注意です。

・照明
昼間は何とかなりますが、夜は本当に暗いです。
近所の町の明かりも消えますのでビルの非常等の電源(20分位)が消えた後は
町の明かりは車だけになります。
去年と違って準備ができるので、乾電池式のランタン等を準備しておくことをお勧めします。

・水道
止まることはないのですが、マンションとかでは屋上のタンクに水をあげるのに必要なポンプが止まります。結構あっさりと。
飲み水は事前にペットボトル等に保管。
トイレの水は風呂の組み置きで確保しましょう。
とにかく、浴槽には水を入れておく事をお勧めします。

・ガス、調理器具他
ガスのある家なら使えますがオール電化だと使えません。
後は、以外に見落としがちなのは暗い部屋での料理はしにくいです。
電気のあるうちに食事の準備を、出来たら配膳までしてしまいましょう。
「電気を使わなくても食べられるパンとか缶詰で済まそう」と思っても、似たような考えの人が増えると店からその食材が消えます。買占めではなくて、需要増大です。

・エレベーター、エスカレーター他
もちろん使えません。
停電時間中は家にこもるor帰らないと決めておいた方が無難です。

・買い物
レジ、照明、冷蔵庫等が使えないので閉めてしまう店も多いです。
また、去年の例ですが「計画停電に合わせた時間割シフト」を組んでいるケースもあるので、計画停電が仮に行われなかったとしても人のやりくりがつかず店を開けられない場合があります。
計画停電中の買い物は出来ないと思った方が良いです。
後は、よく使う店の計画停電時間を把握することもお忘れなく。
自分の地域と異なっていれば避難場所になる半面、停電前に色々済ませちゃおう!と張り切って買い物に行くとしまっていて、何も買えずに帰ってきたら自宅が停電…となると結構へこみます。

・テレビ
ワンセグを使いましょう。
真っ暗な中でもテレビが見れる環境ってのは非常に安心感があります。

・子供たちの遊び
DSとかポータブルゲーム機を充電しておくよう言っておきましょう。
家族でUNOとかトランプ大会もおつなものだと聞きました。
外で遊ばせるのは、信号のない道路を通らせるようになるので不安になるかと思います。

~その他去年盲点だったと思った事~
・信号の止まった道路を車で走るのは想像以上に危ないです。みんな注意しているから事故等は少ないですが、それでも変に渋滞になります。逆に信号の元からついていない道路を走る方が楽でした。

・歩くのも、信号がないと横断が本当に怖いです。特に夜歩くなら懐中電灯等で自分の居場所をPRするのを普段以上に注意して行ってください。

・立体駐車場からは車の出し入れができません。外出していて、例えばマンションの立体駐車場に車を停めようと思っても動かない…と言う事があります。

・炊飯器のタイマー機能が使いにくくなります。僕の場合は、朝の6時に炊きあがるようにタイマー設定して、朝食&おにぎりを作って一日分のご飯を確保しました。

・加熱しないで食べられるパン等の食材は、入手困難になる可能性があります。計画停電が最初に発表になった時はパンでしのごうかと思ったのですが、本当に店から一時的に消えました。買占め、って表現をマスコミはしていましたが需要増大だと思います。また、パン工場も計画停電の対象になりますので供給も減る可能性があります。「いざとなったらパンで…」という考えは持たない方が無難かと思います。

・工場等に勤務されている場合は、電気の使える時間に稼働させなくてはならないので変なシフトになります。去年の例だと一日ごとに停電予定時間が変わったので、毎日出勤時間が変わる…という非常に疲れる事態になりました。

・同様に、乾電池等も店から消える可能性が否定できません。エネループ等の充電可能な乾電池を今のうちに確保しておいた方が良いと思います。いざとなったら…というものがあるだけでも安心感は大分違います。

・車の中で過ごそう…って人が増えてガソリン不足になることもあり得ると思います。早めに満タンにしておいて、いざとなったら車の中!って言うのが最後の砦になるので、様子を見ながら場合によっては車の使用を控える必要もあるかもしれません。去年は、本当にガソリン不足になりました。最後の砦まで使えなくなる事態は本当に辛かった…もちろん停電時間中はガソリンのポンプが動かないのでガソリンの給油は不可能です。

「計画停電は実施されないだろうから備える必要はない」って考えていても、上記の備えは災害一般に通じる部分かと思いますので、今のうちにされておく事をお勧めします。「災害は忘れたころにやってくる」と言うのですが、予告されているんだからまだ良いではないですか。
節電はもちろん必要なのですが、停電に怯えながら(去年の「計画停電」は実質的な「断電」でした)生活しなくてよい社会に早くなってほしいと願うばかりです。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

zery_okaさん

ピックアップ

耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
本文はここまでです このページの先頭へ