ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

アトピー性皮膚炎の治し方

ライターさん(最終更新日時:2016/7/10)投稿日:

  • ナイス!:

    86

  • 閲覧数:203129

印刷用のページを表示する

アトピー性皮膚炎はアトピックスキンという皮膚のバリアが機能低下する皮膚の病気です。
アレルギーだと思われている方がいるかもしれませんが、それは皮膚バリア機能のほころびから来る2次的な現象なのです
このことをご理解されると治し方が自ずと明らかになってきます。

【原因】
なぜバリア機能が弱くなるのでしょう。

①フィラグリン遺伝子の異常
②界面活性剤による皮脂の取りすぎによる免疫機能の破壊
が考えられます。

フィラグリン遺伝子に異常が見られる人は、日本人のアトピー性皮膚炎患者の2割くらいいるという報告があります。
皮脂中には分泌型IgAグロブリンという抗体があり体外からの異物に対し抵抗する力を持っています。したがって、界面活性剤で皮脂を取りすぎることは非常に危険なことと言えます。


【機序】
なぜ炎症がひどくなっていくのでしょう。

上記による皮膚のバリア層の機能低下→いろいろな物質が角質層を通過→ランゲルハンス細胞が異物を補足、アレルゲンとして把握→炎症発生→タンパク質ペリオスチンが作られ慢性化するという仕組みです。
(傷を修復しようとペリオスチンが発生、ペリオスチンが皮膚の角化細胞表面にある別のタンパク質インテグリンと結合することで炎症悪循環に陥るものと思われます)
皮膚からの異物侵入ですので、いろいろなものにアレルギー反応が出るわけです。

1.外的要因により炎症が発生し、
2.内的要因により、Th2系免疫系が暴走状態になり炎症がさらに悪化します。
 (一番下の図をご参照ください。)

ここで、 外的要因とは、化学物質、黄色ブドウ球菌、埃、ダニ・・・、乾燥、界面活性剤など身体の外側から影響を及ぼすものを言います。
内的要因とは、腸内環境が悪化することで、副交感神経を優位にし腸の働きを活性化しようとヒスタミン・セロトニン・プロスタグランジン・トロンボキサン・ロイトコリエンなどのアレルギー起因物質が放出されることにより、また、腸管粘膜の免疫機能が弱まりアミノ酸より分子量の大きいポリペプチドが吸収されることによりアレルギー反応を起こすことを言います。
 

【対策】
外的要因と内的要因は解決できる問題です。

1.の外的要因で最大の敵はなんと言っても界面活性剤です。とくに合成界面活性剤は、皮脂分解力が大きく浸透性もあり大変危険です。
石けんなど界面活性剤を徹底的に排除し、保護材/保湿剤で皮膚を保護します。

保湿は、お風呂上がり3分以内が鉄則です。

まず、風呂の中で、オイルとお湯を混ぜたものを身体に塗ります。

そのあとに、ワセリンなどの保護材/保湿剤を塗ります。

注意

  • 界面活性剤は、 シャンプー、ボデーシャンプー、化粧品、食器用洗剤、洗濯洗剤、コンタクト洗浄液 などに含有されています。

ヒント

  • お風呂の入浴剤は、ビタミンCを数g入れるとアトピーに良くないと言われる塩素を除去できます。

 
2.の内的要因は脂質、腸内細菌が大きく関与しています。
αリノレン酸などのオメガ3系の脂質を多く摂り、リノール酸などオメガ6系の脂質を控えることで、脂質メディエータであるプロスタグランジン・トロンボキサン・ロイトコリエンなどのアレルギー起因物質の発生が抑えられます。
また、
乳酸菌などの善玉菌を増やすことによって小腸内での腐敗を防ぎ小腸の炎症を抑え、腸管粘膜からの異物侵入を防ぎます。さらに、腸の粘膜を通して腸管免疫を刺激し全身の免疫を活性化します。
オリゴ糖や食物繊維を摂ると善玉菌のエサになりますので、善玉菌を増やすことができます。


ヒント

  • αリノレン酸は亜麻仁油 など、乳酸菌はすんき漬けすぐき漬けなど、オリゴ糖はラフィノース などに含まれています。
  • 特に、亜麻仁油は皮膚のバリアも強化してくれるので一石二鳥です。サプリメントで摂るのが簡単です。
  • お米にもリノール酸が含まれています。また、表面に特定のアミノ酸があるので良く洗ってから炊飯した方が良いようです。
  • ビオチンはビタミンの一種で腸内で生成されお肌によいのですが、生卵がビオチンと結合するので良くないという話しもあります。
  • Tレグ細胞を増やすために、とろろ昆布などの昆布を採ると良いです。Tレグ細胞が増えれば、異物と異物でないものを的確に判別することが出来るようになりアレルギー反応正常化に寄与します。
  • また、ジャガイモやこんにゃくいもを採るとセラミドを内部から生成するので乾燥に強い皮膚が形成されます。


ステロイド外用剤について

ステロイド外用剤に関するご質問が知恵袋では多数ありますので、わたしの考えを述べたいと思います。

【効果】
下表データをご覧ください。これは九州大学の論文データです。
ステロイド外用剤による治療前後の状態の変化を表しています。
治療前後で変わらない(中くらい→中くらい)を含めると5割以上がコントロール不良という結果です(網掛け部分、51%)。
重症以上に留まったり悪化傾向にあるのは約2割もあります(濃い網掛け部分、19%)。
改善している人は37%にしかすぎません。
データ
一方、ステロイドを使用しない場合の改善率は、元淀川キリスト教病院の玉置先生によれば、69%にもなります。

  文春記事.PNG


皮膚科医は薬の塗り方が悪いといいますが、本当にそうでしょうか?
コントロール不良の人の方がコントロール良好群よりもステロイド外用剤の使用量は多かったというデータを九州大学では報告しています。

1000万人のアトピー患者がいれば、200万人もの人がステロイド外用剤を使用しても苦しんでいることになります。知恵袋でのご質問が頻繁にあるのが理解できます。

 



【副作用】
ステロイド外用剤の副作用には、
1. 皮膚が薄くなる 
2. 皮膚のバリア機能が低下し乾燥しやすくなる
3. 毛が濃くなる
4. 皮膚の下の毛細血管が目立ってきて赤みが強くなる
5. ニキビができやすくなる
6. 塗っていた場所が白く抜けたようになる
7. ステロイド外用薬に対してアレルギー(かぶれ)を起こす
などがあります。

特に、お顔にご使用になるときは注意が必要です。
一旦、毛細血管拡張が起きますと、相当長期に治りにくいです。

 

ステロイド外用剤は、以下の悪影響を及ぼしながら炎症を抑えることを同時に行っているわけです。
1.表皮の菲薄化
2.インボルクリン、ロリクリン、フィラグリンの発現低下
3.皮膚上からのトレーサーの外→内への浸透率の上昇

クルマで例えるなら、ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいる状態です。
それでも、前に進むからいいじゃないという考え方が、ステロイド外用剤を使用する標準治療です。
 
【ステロイド依存とリバウンド】
ステロイド外用剤の最大の副作用はなんといっても、ステロイド依存です。
ステロイド外用剤を塗り始めた最初のうちは湿疹がよく治まっていたのが、長期連用によってスキンバリアが破綻し、軽微な刺激ですぐに皮疹が悪化するようになり、ステロイド外用剤の塗布がやめられなくなること。

このとき、ステロイド外用剤の塗布をやめれば、重篤なリバウンドに見舞われるわけです。

 

クルマで例えれば、アクセルとブレーキ同時使用からアクセルを放し急減速して後続車に激突されたような状態です。(後続車の激突は下記説明参照ください)


下の画像は佐賀大学によるアトピー性皮膚炎慢性化の原因がペリオスチンというタンパク質によるものであったという説明図です。

http://www.biomol.med.saga-u.ac.jp/medbiochem/AD-PN.html
ステロイド外用剤を使用していて、あるときその使用を止めると次のリバウンド現象が起こっているものと考えます。すなわち、
ステロイド使用→Th2系抑制+TSLP亢進→ステロイド停止→Th2系亢進+TSLP亢進/維持→フィードバックループ加速→炎症激悪化
の悪循環に陥るわけです。 

慢性化

【お薦めの対処法】

ステロイド外用剤は、受験期などやむをえない場合を除いては使用しない方が良いと考えています。
アトピー性皮膚炎に対するステロイド外用剤の使用は、半数の人には効果がありますが、効かない人にとってはリバウンドという過酷な結果がいずれ訪れることになりますので、極力はじめから使用しない方法で治していった方が長い目で見て予後が良いのではないかと考えます。

 

ではどうすればよいのか?

皮膚の保護にはワセリンを塗ることが基本ですが、ワセリンに①ラクトフェリン、②クロフィブラート、③エパディール、④アイピーディーなどを混合する方法が考えられています。

 

①には市販品もありますが、ラクトフェリン粉末を購入して作ることも出来ます。

こちらは痒みを抑え、傷を修復し、免疫力を高める作用があります。

 

②③は高脂血症の処方薬ですので医者または高脂血症の患者でないと入手は難しいかもしれませんが、幸いにして②はこちらで販売されることになりました。

http://steroid-withdrawal.weebly.com/1246312525125011245112502125211254012488365753316712398360092277022987124171241412377.html

http://www.tclinic.jp/ 


③はEPA、DHAとしてサプリメントでも入手可能です。

④は抗アレルギー剤としての処方薬です。アトピーの薬として処方されることもあります。

②③④は上図慢性化の悪循環を断ち切ろうとするものです。

効果がある人とない人がいるようです。

 

①の市販品②販売品以外、①~④をご自身でお作りになる場合、自己責任と言うことになりますので慎重に対応されること、くれぐれもご注意ください。 

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:2-1

カテゴリマスター

hdqpc491さん女性

アトピー性皮膚炎の原因、機序、治し方について知恵ノートにま...[続きを見る]

その他の知恵ノート(6件)
尋常性疣贅について
炎症後色素沈着への対応
顔の湿疹の原因
汗疱について
手湿疹について

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
本文はここまでです このページの先頭へ