ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

DVDStylerを使ってタイトル単位でランダム再生を行うDVDを作成する方法

ライターさん(最終更新日時:2012/6/19)投稿日:

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:3457

印刷用のページを表示する

DVDStyler LogoフリーのDVDオーサリングソフトDVDStylerは、バグが多いのが玉に瑕ですが、
DVDのナビゲーションコマンドを扱える非常に高機能なソフトです。
有料のDVDオーサリングソフトでもコマンドを利用可能な物はあまりありません。
そのDVDStylerを利用して、タイトル単位でランダム再生を行う方法を書きます。

注意

  • チャプター単位でのランダム再生ではありません。
  • 過去にチャプター単位でランダム再生を行う方法について回答してありますが、
  • PG Playback Modeは正確にはプログラム単位での再生に関わります。
  • オーサリング後にチャプターナンバー = プログラムナンバーとなる場合は
  • 問題ありませんが、異なる場合は工夫が必要です。
  • またNOT One Sequential TitleのフラグはONにすると再生できないプレーヤーが
  • 存在するようですので、その場合はOFFにした方がいいようです。

以下のような構成と仕様でDVDを作成する物とします。

VMメニュー1、VMメニュー2、メニュー1、タイトル1、タイトル2、タイトル3、
タイトル4、
タイトル5

VMメニュー1とVMメニュー2はダミーメニューですのでボタンの配置は行いません。
メニュー1にランダム再生を開始するボタン1を配置します。ボタンはこの1つのみ。

まずメニュー1を表示して、ボタン1を押すとランダムに各タイトルを1度ずつ再生し、
全てのタイトルの再生を終えるとメニュー1に戻ります。(*)

タイトルの再生中にルートメニュー(メニュー1)を呼び出した場合は、
ボタン1を押すと中断した所の続きから(レジューム)再生します。

タイトルの再生中にタイトルメニュー(VMメニュー1)を呼び出した場合は、
ルートメニュー(メニュー1)を表示し、ボタン1を押すとレジューム再生は行わず、
(*)と同じように再生します。

VMメニュー1のプロパティ

最後に選んだボタンを記憶する」のチェックボックスをOFF
タイトル」のチェックボックスをON
プリコマンド
g3=0; jump titleset 1 menu;

VMメニュー2のプロパティ

最後に選んだボタンを記憶する」のチェックボックスをOFF
プリコマンド
if(g1==5){g3=0; jump titleset 1 menu;} g0=random(5); if(g0==1){jump title 1;}
if(g0==2){jump title 2;} if(g0==3){jump title 3;} if(g0==4){jump title 4;}
if(g0==5){jump title 5;}


メニュー1のプロパティ

最後に選んだボタンを記憶する」のチェックボックスをOFF
ルート」のチェックボックスをON

メニュー1に配置したボタン1のプロパティ

カスタム」を選択し、if(g3==1){resume;} g1=0; g2=0; g3=1; jump vmgm menu 2;

タイトル1のプロパティ

プリコマンド
if(g2&1==1){call vmgm menu 2;}
ポストコマンド
g1+=1; g2|=1; call vmgm menu 2;

タイトル2のプロパティ

プリコマンド
if(g2&2==2){call vmgm menu 2;}
ポストコマンド
g1+=1; g2|=2; call vmgm menu 2;

タイトル3のプロパティ

プリコマンド
if(g2&4==4){call vmgm menu 2;}
ポストコマンド
g1+=1; g2|=4; call vmgm menu 2;

タイトル4のプロパティ

プリコマンド
if(g2&8==8){call vmgm menu 2;}
ポストコマンド
g1+=1; g2|=8; call vmgm menu 2;

タイトル5のプロパティ

プリコマンド
if(g2&16==16){call vmgm menu 2;}
ポストコマンド
g1+=1; g2|=16; call vmgm menu 2;

DVDStylerのメニューの[DVD]-[オプション]で開くダイアログ

最初の再生コマンド
jump titleset 1 menu;
jumppadを作成」のチェックボックスをOFF

ポイント

  • g0:ランダムな値を格納し、その値のタイトルへの移動に使う。
    g1:現在までにタイトルがいくつ再生されたかを格納する。
    g2:再生済みタイトルのチェックに使う。
    g3:レジューム再生のためのフラグ。

設定は以上ですが、メニュー1にボタンを追加する場合や、他のメニューを追加して
ボタンを設定する場合は、上記のコマンドの修正が必要になる場合がありますので、
コマンドの内容を理解できる方でなければ追加しない方が無難です。

各メニューのプロパティで「最後に選んだボタンを記憶する」のチェックボックスをOFFに
していますが、ボタンを1つしか配置しないのと、DVDStylerによる無駄なgprmの使用を
減らすためにOFFにしてあります。

タイトル数が5個の場合で説明しましたが、一般化してタイトル数がN個の場合は
以下のように設定します。理論上Nが大きくなる程、無駄な移動が多くなりますので、
タイトル間の移動の際に時間が掛かるようになります。
DVDプレーヤーによっては一瞬停止したようになるかもしれません。

VMメニュー2のプロパティ

プリコマンド
if(g1==N){g3=0; jump titleset 1 menu;} g0=random(N); if(g0==1){jump title 1;}
if(g0==2){jump title 2;} if(g0==3){jump title 3;} if(g0==4){jump title 4;}
if(g0==5){jump title 5;} …… if(g0==N){jump title N;}


タイトルNのプロパティ

プリコマンド
if(g2&2^(N-1)==2^(N-1)){call vmgm menu 2;}
ポストコマンド
g1+=1; g2|=2^(N-1); call vmgm menu 2;

注意

  • DVDの仕様でgprmには0~65535までの数値しか格納できないため、
    上記の方法ではタイトル数が16までしか対応できません。
  • 2^Nは2のN乗を表します。
    2^(16-1) = 2^15 = 32768 < 65535
    2^(17-1) = 2^16 = 65536 > 65535

    さらに工夫すれば17以上のタイトルに対応させる事も可能ですので、
  • 興味のある方は挑戦してみて下さい。ただし、タイトル数が多くなる程、
  • DVDStylerはエラーが出る可能性が高くなります。
  • このノートはDVDStyler ver2.2を使用して書きました。
  • 今後のバージョンアップによる仕様変更等でこの方法ではうまくできなくなる
  • 事があるかもしれません。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

coquiamanさん

DVD関連で自分が興味を持った質問を中心に回答しています。 ...[続きを見る]

その他の知恵ノート(3件)
Layer Break Position候補が存...
DVD Shrinkの「有効にしたスト...
DVD Shrinkの「再編集モード」...

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
目のクマの本当の原因、その解...
血行不良の原因は?「目のクマ」の原因を探すとすぐに「血行...
本文はここまでです このページの先頭へ