ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

妊娠線予防クリームは本当に効くのか?

ライターさん(最終更新日時:2012/9/28)投稿日:

  • ナイス!:

    40

  • 閲覧数:19727

印刷用のページを表示する

☆はじめに
女性が妊娠すると気になる事の一つに「妊娠線」があります。一度妊娠線ができてしまうと、完全に消える事はないそうです(時間経過と共に目立たなくはなる)。
「妊娠線予防」と称して様々な高級クリームが市販されていますが、果たして本当に効果があるのでしょうか?

※このノートは、医学学会等の提唱するような根拠に基づくものではなく、あくまで個人的な経験・個人的に調べてきた経験から記す、持論を展開したノートになります。ご了承下さい。

☆妊娠線とは(ウィキペディア「妊娠線」より引用)
妊娠線とは、臨月近い妊婦の腹部の皮膚の真皮や皮下組織にできる亀裂のことをさす。皮膚は表皮、真皮、皮下組織から成り立っている。 妊娠してお腹が大きくなってくると、表皮は伸びることができるが、その下の真皮や皮下組織の一部が伸びにくいため弾性線維に亀裂が生じることによっておこる。 皮膚線状や線状皮膚萎縮ともよばれ、男女問わず成長が著しい場合や急激に太った場合、クッシング症候群の際にも出現する。

妊娠線は、赤紫色の亀裂がスイカの模様のように出てきます。

☆妊娠線ができやすくなる原因
妊娠線の原因として、以下の要因があると言われています。

・体質(皮膚の伸びやすさ)
・皮下脂肪の厚い人
・小柄でおなかが突き出やすい人
・多胎妊娠
・経産婦の方(お腹が大きくなりやすい)

つまり、「お腹が大きくなりやすい人は妊娠線ができる」とされている訳です。

ちなみに、私自身「多胎(双子)妊娠」だったので、それはそれは酷い有様かと思いきや・・・妊娠線はできませんでした。

個人的な経験に基づけば、妊娠線ができる要因の最たるものは「体質」なのではないかと思っています。

☆個人的な経験など
私自身は、多胎(双子)妊娠、単体妊娠と2回も人並み以上にお腹が大きくなるような妊娠をしましたが、妊娠線はできませんでした。
クリームを塗るなどのケアは一切行っていませんでした。

また、データとしての信憑性はあまりないかもしれませんが

双子妊娠をした方が集まるコミュニティのアンケート掲示板で2012年6月現在の書き込みによれば
「妊娠線ができた」という書き込みが282件
「妊娠線ができなかったという書き込みが237件
多胎妊娠でも妊娠線ができなかったという方が結構いるようです。

☆お腹が大きければ大きいほど割れる?
・・・と思われがちな妊娠線ですが、冒頭にも書いたように、妊娠以外でも急激に太る・急激に成長するなどでも皮膚の奥が割れます(俗に言う「肉割れ」)

つまり、大きく皮膚が伸びるから割れるのではなく、大きくなる「スピード」が問題なのではないでしょうか?

☆妊娠線の予防
考えられる予防策としては

・妊娠中の「急激な」体重増加(皮膚が伸ばされる事)をなるべく避ける

これに尽きると思います。

ゴムで考えてみたら分かりやすいですが
急激にゴムを伸ばせば亀裂が入ります。
徐々に伸ばしていけば、亀裂が入りにくいです。

また、ゴムの種類(体質)により、どの程度伸ばせば亀裂が入るかは変わります。
(体質でできやすいのならば、ある程度の諦めも必要なのではないかと思います)

市販でいろいろな種類の「妊娠線予防クリーム」が売られていますが
クリームはあくまでも「皮膚の表面に塗るだけ」です。実際に割れる部分(皮膚奥の弾性繊維)にはクリームは到達しないと考えられます。
皮膚から成分が入るものもありますが、もちろん、クリーム販売者は商売ですから、「効果が無い」「気休め」などとは絶対に言わないでしょうね。

※最近では、成分が皮膚から浸透するように工夫する技術もありますが、普通に考えて、一般人が比較的安価に手に入れるクリームにそういうのを求めるのは筋違いです。

参考:ナノ化粧品の安全性について
http://www.vc-lab.com/s26.html

☆でも、やっぱり何かクリームを塗りたい場合
妊娠線予防クリームの効果のほどはとても怪しいと思っていますが
(効果が本当に高いのなら、妊娠線で困る人なんてほとんど居ないはずです)
どうしても塗りたいという場合は、いつものスキンケアで使用しているクリームや美容液を顔だけでなくお腹にも塗るのが良いと思います。

高級クリームをバンバン買ってお腹に塗りたくるのも良いですが、その分のお金を、子供の為に使ってあげたら・・・?
と思ってしまうのもまた正直な気持ちでもあります。

お節介ですみません。

ノートは以上です。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:7-1

dosei_gomaさん

ピックアップ

Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
結婚してから発覚しました!
                                                         ...
iPhoneで撮ったビデオ/写真をパ...
はじめにiTunesを用いてPC内の写真や動画をiPhoneに入れる方...
本文はここまでです このページの先頭へ