ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

まつげ美容液の増毛効果は?人気まつ毛美容液の成分比較。

ライターさん(最終更新日時:2014/1/22)投稿日:

  • ナイス!:

    126

  • 閲覧数:351221

印刷用のページを表示する

女性がもっとも見られる顔のパーツは、「目」と言われています。お化粧は目ヂカラアップに神経をそそぐという人も多いのではないでしょうか。

  普通はつけまつげ、マスカラなんかで一時的に長くすると思います。まつげエクステは3〜6週間。

ただ、ビューラーやマスカラ、まつげエクステなどは、まつげに負担がかかり、毛根やキューティクルを痛める原因にもなりますよね。


私がお勧めしたいのは、自力でまつげを長くする方法です。
まつげ育毛剤を正しく使うとハリとコシのある太くて濃く長いまつ毛になります。育毛成分により増毛可能です。

私は元々まつ毛がすごく短かったので沢山のまつ毛美容液を試してきました。ロレアルラッシュセラムバイタルラッシュセラム、プロビューティーラッシュ、 リバイターラッシュ、AVANCE・プレミアムアイラッシュエッセンスとルミガン、馬油、DHC、スカルプDBBアイラッシュを使ったことがあります。


今年1月からまつげ美容液「プロビューティーラッシュ」をつけ始めました。目にしみないので、とてもお気に入りです。
毎日寝る前にまつげ美容液をつけています!

使用2週間後だんだんコシが出てきて、睫毛が伸びて太くなり、量も増え、アイメイクも楽にできるようになってきました。


 まつげ美容液

まつげ美容液のメリット

・自分のまつ毛が長く濃く伸びるので、付けまつ毛のように接着する必要も、まつエクのようにメンテナンスする必要もありません。

・ツケマ、まつエクのような不自然さがありません。

・自分のまつ毛なのでメイク、洗顔も普通にできます。

・目をこすっても自まつ毛なので剥がれる心配はありません。

・本薬1個で1ヶ月〜2ヶ月ほど使えるので、コストパフォーマンスが良い。

まつげ美容液

まつげ美容液のタイプ

チップタイプ…リップグロスのような形。柔らかいスポンジでまつ毛の根元までしっかり塗れる。・デメリットはエクステンションをつけているならば、硬い毛質のブラシでは、エクステが引っかかって取れてしまうことがあります。


マスカラタイプ…マスカラブラシでささっと塗れるタイプ。毛自体には馴染みやすいですが、地肌に塗りにくいのが難点。

 まつげ美容液

  まつ毛美容液は、コスト削減の為マスカラのようにブラシがついているものが多く、チップタイプ とマスカラタイプバイ菌が繁殖しやすいようです。


  

まつげ美容液 まつげ美容液 

 筆タイプ…筆ペンのような形状。ノ必要な分だけの液を、一方向のみ出すことができるので、液が容器に逆戻りすることがなくとっても衛生的にも清潔に保つことができます下まつげに塗りやすいと評判。  

 

私のオススメは筆タイプです。筆やチップに化粧品がつくこともなく、美容液が目に入りにくくなります。毛根に栄養を与えられるので、使いやすい♪衛生的な面から考えれば筆タイプのまつ毛美容液(プロビューティーラッシ、ミューラッシュ、CFパワーラッシ)お勧めです。

まつ毛美容液の中には、目に入ると有害なものもあるということです。つけ過ぎると美容液が目に入る原因にもなります。

沢山あるまつげ美容液。確実にきくのは何?どんな成分が入ってますか?

まつげ美容液にはどんな成分が入っていて、どんな効果があるのか?私のわかる範囲で調べてみました。

まつ毛美容液の成分比較

  • ①リバイタラッシュ まつ毛美容液の成分(約22種類)

    水,オクタペプチド2,コムギタンパク,ビオチノイルトリペプチド-1,トウキンセンカ花エキス,クロプロステン酸イソプロピル,センブリエキス,クロルフェネシン,オタネニンジン葉エキス,フェノキシエタノール,チャ葉エキス,ビオチン,ソウパルメット果実エキス,グリセリン,ベンチレングリコール,リン酸2Na,オレアノール酸,PEG-40水添ヒマシ油,BGアピゲニン,塩化Na,セルロースガ,PRG-26ブデス-26,リン酸


    ②スカルプD まつ毛美容液の成分 (約15種類

    4種類のペプチド,水溶性ケラチン(羊毛),グルコサモンセラミド,加水分解シルク,加水分解コラーゲン,オタネニンジン根エキス,酢酸トコフェノール,

    グリチルリチン酸2K,サリチル酸シランジオール,パンテノール,


    ③プロビューティーラッシュEX まつ毛美容液の成分(約25種類

    水,BG,ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム,アセチルデカペプチド-3,オクタペプチド-2,オリゴペプチド-20,ピオチノイルトリペプチド-1,オレアノール酸,アピゲニン,PEG-40水添ヒマシ油,PPG-26ブテス-26,オタネニンジン根エキス,センブリエキス,ボタンエキス,ヒキオコシ葉/茎エキス,フユボダイジュ花エキス,グリチルリチン酸2K,トレハローズ,ポリクオタニウム-51,キサンタンガム,パンテノール,ナイアシンアミド,エタノール,1,2-ヘキサンジオール,フェノキシエタノール


    化粧品についていろいろ調べていたら、「EGF」、「FGF」、「IGF」という成長因子が美容液によく使われていることがわかりました。「EGF」はシミ、くすみ、シワ、たるみの改善くすみ。「FGF」は肌のハリ、「IGF」は肌細胞の若返に効果があるとのこと。そしてなんとスカルプDとプロビューティーラッシュEXに含まれている「アセチルデカペプチド」という成分は、この3つのお肌の再生因子「EGF・FGF・IGF」と同じような効果があり、今注目されている成分だそうです。

     

    こうやって比較してみると、各製品同じような成分(ピンク色)が含まれていますが、プロビューティーラッシュEXの成分は、リバイタラッシュとスカルプDの良いとこ取りをしているような感じです。お値段を考えると断然スカルプですが・・。

まつ毛が明らかに伸びたと実感できる原理は、毛周期の「成長期」を長く維持するようサイクルを遅らせているからなのです。美容液を塗っている間は、2週間で抜けるはずだった毛が残り、次にまた新しい毛がはえてくるので濃く密集してきます。長い間はえている分、長く伸びていきます。

まつげ美容液使用方法


まつげ美容液のタイプ(手で塗るなど)で、
使い方はそれぞれ違ってきますが、

基本はまず、まつげの根元にしっかりと塗っていきます。

この時は、片目をつぶったほうが、塗りやすいです。

根元にしっかりと塗ったら、目を開けて毛先まで、伸ばしていきましょう。

・時間帯は朝と寝る前がいいとおもいます。(1日に2〜3回お勧め)
2 -3週間続ければ伸びてくると思うので、そのあとは

長さが足りないなーと思うところに塗ってみてください。
私は下まつげも伸びました。

初めて、まつげ美容液を使う方は、ご自分で考えているよりも、たくさんの量は塗らなくても良いと思います。


*まとめ*

リバイタラッシュは人気の商品。偽者もネットで多く出回っているようなので注意。安いからと飛びつかずに信用のできるところで購入を。なんせ目ですから。ただ、副作用として、目のかすみや違和感、色素沈着などがあり重篤なものだと失明・・などというものまであります。価格は、通常16,000円、サロンで15,000円、アメリカでも10,000円程度。


ラティスは薬の副作用を利用した使い方である→緑内障の点眼薬の副作用を利用したまつげ育毛剤ので、眼圧が下がる場合があります。



わたしはプロビューティーラッシュまつげ美容液、資生堂のバイタルラッシュセラムをお勧め。気になってる方はぜひ試してみて下さい^^


まつげ美容液を使用したことがある私の
友人が三ヶ月使用し、三ヶ月前にまつげパーマに行ったときよりも、ロッドが三段回も太いものに変わるほど、濃く長く伸びました。

友達は、9人中7人が効果があったと言っています。

やっぱり個人差があるようですね。




まつげ美容液を塗るのをやめると?

まつげは、数週間程度で、生え変わります。

生え変わるスピードは、個人差もありますが、
髪の毛よりも、はるかに速いサイクルで、生え変わります。

まつげ美容液は、まつげや毛根に栄養を与える物なので、
1本1本を強くして、産毛も太く長くしてくれます。

太く長くなったまつげを、通常よりも長く維持してくれるのが、
まつげ美容液なんです。

生え変わるサイクルを、長くして、
伸びたまつげを、できるだけ長く保ってくれます。

使うのをやめたら

使うのをやめると、栄養が補給されなくなり、
生え変わるサイクルも、元に戻ってしまうので、
元のまつげに戻ってしまいます。
なので、使い続けないと、まつげへの効果は続きません。


まつげ美容液に化粧落としは必要?
まつげ美容液は、ほとんどが透明の美容液なので、
化粧落としやクレンジングで落とす必要はありません。
洗顔だけで、キレイに落とすことができます。

ただ、美容液自体に、色が付いているものや、
マスカラを塗った場合には、クレンジングで落とす必要があります。


まつ毛に良い食べ物
「髪の毛に良い食べ物」と同じように、「まつ毛に良い食べ物」もあります。基本的に、髪もまつ毛も同じ体毛なので髪に良いものを食べればまつ毛にも良いということです。

まずひとつは栄養源としてのタンパク質の摂取です。まつ毛などの毛の主成分は、ケラチンというタンパク質です。ケラチンとは髪・爪・皮膚を形成する成分で、各種アミノ酸が結合してできたタンパク質のこと。主成分というよりまつ毛の99%ケラチンとも言われているので、これを摂取せずにまつ毛は作られません。

ケラチンを得るためには、たんぱく質の食品を食べることです。たんぱく質の食品を食べると体内でアミノ酸に分解され、再びたんぱく質に再構成されます。ただし体内で生成できないアミノ酸(必須アミノ酸)も髪の生成には必要なので、それだけは食べ物から直接摂取するしかありません。必須アミノ酸は肉・乳製品・豆類(味噌・豆腐など他)いわし、卵、または米・小麦から摂取できます。

ビタミンは、血行をよくして皮膚を丈夫にし、抜け毛を防ぐはたらきがある。ぜひ、たっぷりとるべし!この食べ物は、小松菜、ほうれん草、ごま、紅花油、ナッツ類など。

ぬめりのある食品(ワカメ、昆布などの海草類、山いも類、納豆、オクラなど)は、髪につやを与え張りをよくする効果があると言われています。ぬめぬめした食べ物をたんぱく質と一緒に料理して食べましょう。この食べ物は、ワカメ、昆布などの海草類、山いも類、納豆、オクラなど 。

まつ毛がタンパク質(アミノ酸)でできているならタンパク質だけを食べればよいと考えそうですが、それは間違いです。毛というものは、毛根にある毛母細胞が細胞分裂し角質化した結果できています。そして人間の細胞が分裂するためにはビタミンBや亜鉛などのビタミン・ミネラルが必須です。すなわちタンパク質を大量に摂取してもビタミンやミネラルが不足すれば細胞分裂できず、まつ毛も作られないということです。

まつげ美容液

 

ぜひ、お役ち度ボタンを押していただけるとうれしいです。
 見たついでに!なにかアドバイス待ってます!

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

あなたにおすすめの知恵ノート

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

bdyiuseさん

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
ゲーム実況動画(プレイ動画)...
 「実況動画(実況プレイ動画)」と銘打った知恵ノートですが...
ピアスに関する正しい知識講座 ...
さて、予備知識も蓄えた所で早速本題!ピアスを開けてみまし...
本文はここまでです このページの先頭へ