ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

国家テロの現実

ライターさん(最終更新日時:2014/1/22)投稿日:

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:1266

印刷用のページを表示する

 ウサマ・ビン・ラディン



2001年9月11日、米国で同時多発テロがあった。ウサマ・ビン・ラディンの指示のもと、4台の航空機がハイジャックされ、自爆攻撃により、3000人以上が亡くなった。


通常の殺人事件のレベルでなく、軍事行動のレベルである。


2011年5月1日、米国海軍シールズが、パキスタンの領土内のウサマ・ビン・ラディンの邸宅にて、ウサマ・ビン・ラディンを暗殺しています。
 


パキスタンの国内法では形式的には殺人事件です。

 

 リビア元石油相



2011年3月17日、国連安全保障理事会は飛行禁止空域の設定と、リビアへの空爆を事実上の容認する1973号決議を採択した。


2011年3月19日、米英仏軍がリビア政府軍への攻撃を開始し、リビア戦争が始まった。


2012年4月29日、2011年にチュニジア経由で亡命したリビアの元石油相が、オーストリアで暗殺されている。

リビアに侵攻した軍隊の特殊部隊が暗殺を実行したと考えられる。 
 

 アラファト議長


2004年11月11日に死去したパレスチナ解放機構(PLO)のアラファト議長は、ポロニウムで毒殺されたことが、2011年7月4日に報道されている。
 

 讀賣新聞記者


2007年4月5日、東京都文京区白山のマンション室内で、読売新聞の男性社員が後ろ手にした両手に手錠をかけ、
口の中に靴下が詰まった状態で死んでいるのが見つかった。

警視庁は殺人事件を視野に入れていたが、4月6日には事故との見方を強めている。
 

男性は、読売新聞社でインターネットや携帯電話、CS放送など朝夕刊以外の媒体での報道を行うメディア戦略局の管理部社員。編集局政治部の記者も兼務し、総務省を担当していた。


男性は母親(65)と2人暮らし。母親は3日から旅行に出かけ、5日午後4時20分
ごろ帰宅したところ、玄関に倒れている男性を発見。駆けつけた警視庁富坂署員が死亡を確認した。
 

男性の粘着テープが張られた口の中には靴下が詰まっており、後ろ手に回した両手には手錠がかかり、左手に手錠の鍵を持っていた。死因は窒息死とみられる。

調べでは、玄関は施錠され、室内に物色された形跡はなかった。着衣の乱れはなく、遺書なども見つかっていない。


国家機関の関与
 

オバマ大統領が、ウサマ・ビン・ラディン暗殺を公表したのと異なって、

他国の政府は、軍隊(日本の防衛省を含む)が暗殺を実行したことを公表しません。

読売新聞記者の事案では、当初、殺人事件として報道されていたが、防衛省又は内閣府が警察に圧力をかけて、事故に変わっています。

やはり、日本で最大の発行部数がある新聞社は影響力が大きいので、辛口の報道をすると暗殺されるのでしょうね。

この知恵ノートは影響が小さいので、筆者は妨害を受けても、まだ生きています。

命令があれば、自衛隊の特殊部隊は、暗殺を遂行します。
 

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

patentcomさん

ガリレオ・ガリレイは、天動説が主流だった中世イタリアで、 ...[続きを見る]

その他の知恵ノート(78件)
中国戦艦の射撃制御レーダーの...
領海侵犯?
完全犯罪の秘密
皆に知ってもらいたいこと
各国の暗殺政策

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
本文はここまでです このページの先頭へ